1. Google Maps API PremierがサポートするAPI

2012年2月現在で、Google Maps API PremierがサポートするAPIには次のものがあります。
これらのAPIはGoogle Maps API Premier SLA(99.9%稼働率の保証)とテクニカルサポートが受けられます。


次のAPIについては、Google Maps API Premierの対象にはなっていません。

Google Maps API Premier SLAについて

ビジネスでGoogle Maps APIを使おうと考えている方にとって重要なのが「安定動作」だと思います。
GoogleではGoogle Maps API Premierの契約にSLA(Service Level Agreement)を提供しています。これは年間99.9%の稼働率を保証する契約で、不具合などによりGoogle Maps APIが利用できなくなった場合に適格な補償を受けられる仕組みです。

Google Maps APIのSLAは次のように定義されています。

  • ドメインのダウンタイム

    平均待ち時間が3秒を超える場合を指します。ダウンタイムはサーバーサイドのエラーレートに基づいて評価されます。

  • ドメイン・ダウンタイム期間

    ダウンタイムが連続10分の期間です。10分未満の断続的なダウンタイムはダウンタイム期間としてカウントされません。

  • 月あたりの稼働割合

    カレンダーのひと月あたりにおいて、全てのドメイン・ダウンタイム期間の合計分を、ひとつきの合計分で割った値です。

  • 予定されたダウンタイム

    Googleが5日前までに通知するダウンタイムで、ダウンタイム期間に契約している顧客に通知されます。それらは年間で12時間以内です。予定されたダウンタイムはGoogle Maps API PremierのSLAには考慮されず、ダウンタイム期間にはカウントされません。

  • ドメイン

    個々のMaps APIキーに関連づいたウェブサイト(例:www.google.com)を指します

  • サービス

    Google Maps API Premier版の契約に基づきGoogleから提供されるGoogle Mapss APIの道路地図(road)と航空写真(satellite)を指します。Maps APIのジオコーディング機能についてはここでは範囲外です。

  • サービス・クレジット

    サービス・クレジットは次のように定義されています。
    (1)もし月あたりの稼働率が99.0%から99.9%の場合、期間の終わりに追加で3日のサービスを無償で提供する。
    (2)もし月あたりの稼働率が99.0%から95.0%の場合、期間の終わりに追加で5日のサービスを無償で提供する。
    (3)もし月あたりの稼働率が95.0%未満の場合、期間の終わりに追加で15日のサービスを無償で提供する。



サービス・クレジットの要求について

上記で説明したサービスクレジットを受けるために、顧客はサービス・クレジットを受ける時から30日以内にGoogleに通知してください。
この要件に従わない場合は、顧客のサービスクレジットを受け取るための権利は消失します。

最大のサービス・クレジット

Googleが顧客に全ダウンタイム期間のために発行する、サービスクレジットの最大日数(期間の終わりに追加される日数)は、ひと月あたりのサービスクレジットの合計数は15日を超えません。サービスクレジットは金銭的な補償への交換や変換は認められません。

Maps API SLA例外

Maps API SLAは、明示的にこのMaps API SLA(ドキュメントに明言されたサービスなど)とパフォーマンスの問題を除く任意のサービスには適用されません。
(1)Googleの外部からの意図的なコントロールにより引き起こされる要因
(2)顧客の活動や何も活動しないこと、サードパーティの利用による結果
(3)顧客の環境、またはサードパーティによる結果(Googleによる一次制御は含まない)

The Maps API SLA does not apply to any service(s) that expressly exclude this Maps API SLA (as stated in the documentation for such services) and any performance issues: (i) caused by factors outside of Google's reasonable control; (ii) that resulted from any actions or inactions of Customer or any third parties; or (iii) that resulted from Customer's equipment and/or third party equipment (not within the primary control of Google). This Maps API SLA states Customer's sole and exclusive remedy for any failure by Google to provide the Service.

2012年2月現在に記載されている内容を意訳しています。参考程度にしてください。 原文はhttp://www.google.com/enterprise/earthmaps/maps-sla.htmlです。
意訳については内容を保証するものではありません。またこのページを転載などした場合についても保証しません。 内容の真偽については、原文を読んでいただき、個々で判断をしてください。問い合わせされてもお答えしません。






サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら