1-2:さっそく、申し込み

では実際に申し込んでみましょう。
Google Mapsの利用申請は、下のURLのページから行います。


Google Mapsの申し込みページ
(http://www.google.com/apis/maps/)




[Sign up for a Google Maps API key]をクリック


Google Mapsの利用条件に同意して次へ

  Google Mapsの利用条件(抜粋、意訳)
  • 一般の訪問者はマップに自由にアクセスできるようにする必要があります。
  • 1日に5万回以上のページビューが予想される場合には、あらかじめGoogleに許可を得る必要があります。
  • Google MapsのAPIはアップグレードすることがあり、古いバージョンは保障されないことがあります。告知はGoogle CodeGoogle Maps APIディスカッション・グループで行われます。移行期間は1ヶ月用意されます。
  • マップ上に表示されるロゴやクレジット表記を、変更したり曖昧にしてはいけません。
  • 将来、広告が表示されることがあります。
  • Googleはサービスを中断、終了する権利を保有します。

※申し込み時は、必ず原文を読んでください。
  Google Maps API 日本語版ヘルプも参照してください。
    http://local.google.co.jp/support?hl=ja

2008.1.10 追記
Google公式の日本語利用規約
  http://www.google.com/intl/ja_jp/help/terms_maps.html

   

Googleアカウントがある場合は、ログイン
ない場合は、アカウントを作成する
 

Googleアカウントとは、Googleの各サービス(掲示板やGoogleMapsなど)を利用する際に必要なものです。 アカウントを取得すると、Googleの様々なサービスを利用しやすくなります。

Google Mapsを利用するためには、このアカウントが必要なので、ない方は新規登録してください。 アカウントは無料で登録できます。(利用も無料)

   


お疲れ様でした。これでGoogle Mapsを利用するための準備が整いました。

Google Maps APIキーは、あなたのホームページでGoogle Mapsを利用する際には 必ず必要なものです。忘れないようにメモをしておくとよいでしょう。
(もし忘れたら、同じ手順をもう一度行ってください。)









サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら