1-5:緯度・経度の取得

Google Mapsでは、地図の表示する場所を指定する際に「緯度・経度(世界地図系)」を用います。

ある特定の場所を調べて、その位置の緯度・経度を取得する方法にはいくつかあります。

今回はその中でも便利で簡単な方法をご紹介します。




緯度・経度を指定することで地図を表示します

無料サービス「Geocoding」を利用する


今回は「Geocoding」というサイトを紹介します。

Geocoding(ジオコーディング)
  http://www.geocoding.jp/

住所やキーワードを入力することで、
その場所の地図と緯度・経度を表示してくれるサービス

使い方は非常に簡単です。

Geocodingのトップページにある検索ボックスに、地図を表示した居場所のキーワードを入力します。




「東京ディズニーランド」を検索した例

 

あとは「1-3:まずは表示してみる」のサンプルプログラムの緯度・経度だけを書き換えれば、
東京ディズニーランドの地図が表示されます。

 






サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら