例−21:地図がドラッグされたら、地図の中心座標を取得する

このサンプルは、Google Maps API version2を使用しています。Google Maps API version2は2013年で終了予定です。 このサンプルのGoogle Maps API version3のページは、「地図がドラッグされたら、地図の中心座標を取得する」です。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
  <title>例−21:地図がドラッグされたら、地図の中心座標を取得する</title>
  <script src="http://maps.google.co.jp/maps?file=api&amp;v=2&amp;key=[MAPS_API_KEY]"
  type="text/javascript"></script>
  <script type="text/javascript">
  //<![CDATA[
    function load() {
      if (GBrowserIsCompatible()) {
        //地図を作成
        var map = new GMap2(document.getElementById("map"));
        map.setCenter(new GLatLng(40.8034148344062, -74.0972900390625), 9);
        
        //地図が移動したら、中心座標を取得
        GEvent.addListener(map, "moveend", function(none) {
          document.getElementById("point").innerHTML="地図の中心:" + map.getCenter();
        });
      }
    }
    
    GEvent.addDomListener(window, "load", load);
    GEvent.addDomListener(window, "unload", GUnload);
  //]]>
  </script>
</head>
<body >
  <h1>例−21:地図がドラッグされたら、地図の中心座標を取得する</h1>v
    <div id="map" style="width: 600px; height: 600px"></div>
    <div id="point" ></div>
  </body>
</html>






サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら