マーカーを地図上に追加する

マーカーをGoogle Static Maps APIの地図上に追加するには、markersパラメータを使います。

http://maps.google.co.jp/maps/api/staticmap?
zoom=3&
size=133x164&
markers=35.681382,139.766084&
sensor=false


markersパラメータの書式

markersパラメータは、次のような書式になっています。

markers=(style1)|(style2)|・・・|(position1)|(position2)|・・・
style地図上に追加するマーカーのデザインを示す文字列を指定します。
複数のデザインを指定するには、パイプ(|)を使って連続して指定します。
tiny small mid (省略)
size:

マーカーのサイズを指定します。tiny,small,midのいずれかが指定できます。省略したときは、デフォルトサイズのアイコンが使用されます。
black brown green purple yellow blue gray orange red white 0xffffcc (省略)
color:

マーカーの色を指定します。24bitカラー(例:0xffffcc)か、事前に定義された色black, brown, green, purple, yellow, blue, gray, orange, red, whiteが指定できます。省略したときはredになります。
label:A|size:mid label:B label:0
label:

マーカーに表示するラベルを指定します。アルファベット半角大文字でA〜Zか、半角で0〜9が指定できます。sizeパラメータmidか、(省略)のとき表示されます。
positionマーカーの位置の指定には、緯度,経度で指定するか、ジオコーディング可能な住所や名称をできます。日本語を使用する場合は、UTF-8文字列をHTMLエンコードします。

同じスタイルのマーカーを位置を変えて配置するには、パイプ(|)を使って連続して指定します。

東京タワーと東京スカイツリーを指定した例
http://maps.google.co.jp/maps/api/staticmap?markers=35.65861, 139.745447|35.710058, 139.810718&zoom=11&size=300x200&sensor=false





サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら