8.visibleプロパティによるズームの指定

いくつかの位置を指定することで、ズームレベルを自動的に調整することができます。
位置を指定するには、「visibleプロパティ」を使います。
zoomパラメータと同時に指定すると、zoomプロパティが優先されます。

 <書式>
   visible=(位置1)|(位置2)|(位置3)|・・・

位置の指定は、座標、または地名が指定できます。
要領は「2.中心座標を指定して、地図を表示する」と同じです。

http://maps.google.com/maps/api/staticmap?
center=Boston,MA&
size=300x300&
visible=77+Massachusetts+Ave,Cambridge,MA|Harvard+Square,Cambridge,MA&
sensor=false
visibleプロパティを指定したとき
(分かりやすくするため、visibleプロパティの位置にマーカーを追加しています)



visibleプロパティを指定しないとき








サイト内検索
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
Google Maps APIプログラミング入門 第2版
全520ページ。Google Maps API version3を中心に公式ドキュメントより詳しく解説しています。
詳しくはこちら
Google Maps APIプログラミングガイド

Google Maps API Expert 4人が共著で執筆。中級者向けに実用に役立つサンプルを中心に紹介! スマートフォン時代に合わせたGoogle Maps APIの使い方も掲載。
詳しくはこちら